/

この記事は会員限定です

川重、三菱重工など自家発電装置を増産

[有料会員限定]

重工各社は電力不足などで需要増が見込まれる産業用の自家発電装置の供給能力を高める。川崎重工業が化学など大規模工場で使う発電用エンジンに本格参入するほか、三菱重工業が国内の生産能力を3倍に引き上げる。原子力発電所の事故などに伴い今後数年にわたり電力不足が続く東日本だけでなく、地震や停電に備える非常用電源としての注文も全国規模で増えているため。

川重は天然ガスを使い発電する出力7800キロワットの大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン