/

シャープ、ガラパゴスの販売終了へ 配信サービスは継続

タブレット端末

シャープは15日、タブレット型情報端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」の直販を9月末で終了すると発表した。はがきやインターネットで注文を受け付けて後日、消費者に送付してきたが、商品をすぐに入手できないため販売が伸び悩んでいた。

イー・アクセス向けの製品供給や電子書籍対応のスマートフォン(高機能携帯電話)の生産は継続する。

ガラパゴスは2010年12月に発売した。画面サイズは5.5型と10.8型の2種類があり、それぞれ3万9800円、5万4800円。電子書籍を配信する際、「おすすめ」コンテンツなどに活用するため、消費者の属性を把握しやすい直販モデルを採用していた。

シャープは「2011年の早期に100万台」の販売目標を掲げていた。販売実績は非公表だが、約10カ月で直販を終えることになった。タブレット端末向けのコンテンツ配信は今後も続けるため、購入済みのガラパゴスは今後も利用できると説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン