/

この記事は会員限定です

震災の廃材を燃料に 発電会社など受け入れ開始

[有料会員限定]

木質バイオマス(生物資源)を燃料とする発電事業会社やセメント大手が東日本大震災で発生したがれきの受け入れに動き出した。省エネ支援ベンチャーのファーストエスコや三井造船系の発電所は廃木材を加工した木質チップを燃料に利用。太平洋セメントはセメント生産用の焼成炉で焼却処理する。膨大ながれき処理は復興の優先課題。被災した自治体だけでは処理しきれない廃材などを有効利用し、電力不足の軽減にもつなげる。

ファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン