/

この記事は会員限定です

日航・稲盛氏 「独占は悪」(ルポ迫真)

[有料会員限定]

「日本にナショナル・フラッグ・キャリア(国を代表する航空会社)は2社必要でしょうか」。2012年夏、ANA総合研究所会長の浜田健一郎(現NHK経営委員会委員長、65)を筆頭に、全日本空輸(ANA)の渉外部隊が政官へのロビー活動を本格化した。

10年に経営破綻した日本航空(JAL)の営業利益は11年3月期に1884億円、12年3月期に2049億円に回復。2年連続でANAを大きく上回った。「このままで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン