日立、水道の漏水検出システム アジアに売り込み

2013/2/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所は水道管の水圧や水量を分析し、漏水の有無や発生場所を検出できるシステムを開発した。人口が増加する一方、水道網の整備不良で漏水率の高さが問題になっているインドやベトナムなどの新興国に売り込む。日立は水ビジネスを2015年度に年2000億円規模に引き上げる計画。IT(情報技術)を活用した水関連システムを海外展開し、事業拡大に弾みをつける。

アジアの主要都市では漏水率の高さが問題になっている…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]