燃料棒露出の2号機、安全弁開放後も水位上がらず 福島第1
海水での冷却にはなお時間も

2011/3/15付
保存
共有
印刷
その他

東京電力は15日午前4時すぎ、燃料棒がすべて露出し危険性が高まっていた福島第1原発2号機について、同1時10分ごろに圧力容器の安全弁の開放に成功したと発表した。「内部の圧力が下がり海水が注入しやすくなった」(広報部)ものの、同3時時点で水位計は依然として下がったままで、燃料棒の全露出が続いているもよう。配管の破断などで圧力容器とその外側の格納容器がつながっている可能性もあり、海水が燃料棒を満たして冷却することができるようになるまでは、なお時間がかかりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]