店舗少ない地域へ共同出店 リンガーハット・ハチバン

2014/2/14付
保存
共有
印刷
その他

資本・業務提携を決めたリンガーハットと、北陸を中心に「8番ラーメン」を展開するハチバンは14日、都内で記者会見した。共同持ち株会社の設立に向けて協議を進めるほか、両社が手薄な国内の地域で、それぞれのブランドの店を協力して出店するという。さらに「2年かけて完全統合するか判断する」との考えを明らかにした。

これまでリンガーハットは北陸3県には店舗を出していなかった。リンガーハットの米浜和英会長兼社長は「今後、北陸では同じ敷地に共同出店していきたい。ほかの地域ではリンガーハットの店舗がハチバンに変わることもある」と述べた。

ハチバンの後藤克治専務は現在店舗のない関東への出店について、「東京では3度進出してすべて失敗したが、リンガーハットのノウハウを活用して(4回目の)出店を検討したい」と意気込みを語った。

ハチバンはタイなどのアジアに出店している。米浜会長は「共同で日本食レストランを造る案などを検討している」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]