グリーンイノベーション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「宇宙太陽光発電」は日の目を見るか
日本が先行する新エネ技術 コスト構造の革新が不可欠

(1/2ページ)
2012/2/20 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「宇宙空間に打ち上げた衛星が巨大太陽光パネルで発電し、そのエネルギーを電波で地上に伝送する」――。こんなSF小説のような構想の実現へ向け、日本政府主導で実際に研究開発が進められていることをご存じだろうか。

 「宇宙太陽光発電システム」と名付けられたこの計画はまず、2.5キロメートル四方に太陽光パネルを敷き詰めた装置を大気圏外の静止軌道上に打ち上げ、地上3万6000キロメートル上空で発電する。その後、海上などに設置する直径4キロメートルほどの地上受信装置へマイクロ波で電力を伝送するものだ。試算によれば、原子力発電所1基分に相当する100万キロワットの発電能力を持つ衛星1基のコスト目標はざっと1.2兆円(衛星打ち上げ費用込み)。日本で2030年の実用化をめざすという壮大なプロジェクトだ。

宇宙太陽光発電システムのイメージ(USEF提供)
画像の拡大

宇宙太陽光発電システムのイメージ(USEF提供)

 宇宙太陽光発電の歴史は意外に古い。世界的な宇宙開発競争の後、オイルショックを迎えた1970年代には、アメリカ航空宇宙局(NASA)などが宇宙太陽光発電の研究に着手。だが、巨大なコストや優先度の観点から、その後徐々に下火になっていく。

 一方の日本。2度の石油危機を経た80年以降は、大学や研究機関が宇宙太陽光発電の研究を細々と続けてきた。本格化したのは90年代後半だ。将来のエネルギー開発構想として、通産省(現経済産業省)が00年ごろにシステム開発の構想を立ち上げた。実際には宇宙航空研究開発機構(JAXA、宇宙開発事業団=NASDA=などが前身)や、宇宙関連の民間13社が86年に立ち上げた財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)が衛星関連の技術開発や伝送技術の開発などに取り組んでいる。

 太陽光発電を宇宙で行うメリットはいくつかある。最大の特徴は地上と違い昼夜や天候に左右されないことだ。宇宙の場合は24時間稼働も可能で、発電量は最大で地上の10倍になる。「コンスタントに発電する大容量のベース電源として期待できる」。重工メーカー大手から出向し、USEFで開発を指揮する布施嘉春・技術本部グループマネージャーはこう強調する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

宇宙太陽光発電太陽光発電NASA脱・炭素社会


日経産業新聞のお申し込みはこちら

【PR】

グリーンイノベーション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

IHIは複数の手法でCO2回収技術の実用化をめざす(豪州の石炭火力発電施設)

CO2を回収し再利用 重工各社、新技術売り込む

 二酸化炭素(CO2)が増えれば、重工各社の仕事が増える――。「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」ような動きが出始めた。地球温暖化を防止するため製造業各社が排出抑制に知恵を絞るCO2を「収益源」に転換…続き (2013/9/30)

太陽光発電パネルと小型風車を取り付けた街路灯が道の両脇に延々と並ぶ(河北省曹妃甸)

中国の再生可能エネ産業、「バブル」崩壊で正念場

 中国の太陽光発電パネル大手の尚徳太陽能電力(サンテック・パワー)が今年3月に経営破綻してから半年、中国メーカー同士の設備投資競争による過剰生産と米欧のアンチダンピング提訴など輸入制限によって、中国の…続き (2013/9/23)

板倉工法の耐震性を説明する筑波大学の安藤邦広名誉教授

被災地で進む環境革命 エコ住宅で森も町も再生へ

 9月上旬、宮城県南三陸町で1つの任意団体が産声を上げた。
 「南三陸木の家づくり互助会」
 カキやホタテといった海産物で知られる南三陸は森林資源の宝庫でもある。建築用の木材が外材に置き換わるまでは林業も…続き (2013/9/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月19日(木)

  • 激化するスマートスピーカー商戦、囲い込み策は2つ
  • ハリウッドで活躍する27歳の日本人アーティスト・田島光二。プロが使うiPad Proの使い方とは「一番描き心地がいいのは純正のメモアプリ」
  • メルカリ、LINE、スマートニュース…失われたネットの信頼を取り戻せるか

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月19日付

2017年10月19日付

・オプト、VRやARの履歴データ収集 販促に活用
・Wi―Fiに深刻な欠陥 IoT機器各社、調査急ぐ
・車いすの安全、AIが守る 上智大が技術開発
・大阪ソーダ、UVインク用樹脂 量産 プラスチック包装材向け
・図式で変わる製品設計 モデルベース開発、複雑な構造も円滑に…続き

[PR]

関連媒体サイト