2018年7月24日(火)

三菱自、電気自動車「アイ・ミーブ」1~2割値下げ

2013/11/14付
保存
共有
印刷
その他

 三菱自動車は14日、電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」を1~2割値下げすると発表した。購入補助金を使い約172万円から購入が可能となる。ハイブリッド車(HV)などに比べ伸び悩むEVの販売をてこ入れする。商用車の「ミニキャブミーブバン」もシートヒーターを装備するなど一部改良し、両車種で現在150~200台の月間販売の上積みを目指す。

 これまで380万円と265万2500円の2つの価格帯で展開してきたが、上位グレードを約2割安い290万1150円、廉価版を約1割安い245万9100円に引き下げる。

 従来標準搭載していたカーナビゲーションシステムとアルミホイールをオプション設定としたほか、モーターなどEV関連の部品価格が下がっていることを反映した。1回の充電による走行可能距離は120~180キロメートルと据え置いた。

 三菱自は2009年7月にEVを発売。国内外の累計EV販売は3万4700台にとどまる。インフラ整備や走行可能距離がEV普及のハードルとなっている。EVをめぐっては13年4月に日産自動車も「リーフ」を値下げした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報