iPad、日本発売を5月末に延期

2010/4/15付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=米州総局】米アップルは14日、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」について、日本を含む海外での発売時期を当初予定の4月下旬から5月末にほぼ1カ月延期すると発表した。米国で4月3日に発売して以来、見込みを大幅に上回る売れ行きで、製品の供給が追いつかないためという。

同社によると、iPadの米国での販売台数は、発売後1週間で50万台以上と事前予測を大幅に超えた。このため今後数週間は供給が需要に追いつかない、と説明した。同社は5月10日に各国での価格を発表し、ネットを通じた事前注文を開始するとした。

電子書籍のほか音楽や、ゲームなどが楽しめるiPadについては、日本でもヒット商品になるとの期待が高まっていただけに、関連企業は肩すかしを食らう格好になる。

家電量販店のヤマダ電機は、iPadの発売に合わせて販促キャンペーンを検討していた。量販店では5月の大型連休前の目玉商品として期待する声が多く、各社は情報家電売り場の変更を迫られそうだ。

ゲーム業界ではバンダイナムコゲームスやセガ、カプコンなどがiPadの米国発売に合わせ対応ソフトの配信を始めている。国内でも4月末に予定されていた発売に合わせ、家庭用ゲーム機で実績のある「パックマン」や「バイオハザード4」などの人気タイトルを配信する予定だった。

電通は20社以上の出版社の協力を得て、電子雑誌サービス「マガストア」で約40誌を配信する計画を進めている。「VOGUE NIPPON」を発行する米コンデナスト日本法人や「オズマガジン」発行元のスターツ出版なども、独自にiPadの画面サイズに合わせた雑誌配信サービスの準備をしてきた。

雑誌の記事に関連した動画などiPadならではのコンテンツを開発している企業もある。こうした雑誌の制作工程にも影響が出そうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]