福島第1原発2号機、海水注入を開始 建屋に穴も検討

2011/3/14付
保存
共有
印刷
その他

東京電力は14日午後4時過ぎ、福島第1原子力発電所2号機について、原子炉建屋壁面に水素ガスを抜くための処置をとることを検討すると発表した。建屋の壁面にある「ブローアウト・パネル」が開いているが、ガス排気量を増やすため、壁面に穴を開ける措置などを検討。2号機は炉内の圧力が上昇しており、午後4時34分に2号機でも海水の注水作業を始めた。

同原発の1号機と3号機で相次ぎ爆発が起きた。東電は2号機の今回の措置について「1、3号機の事象を踏まえ、あらかじめ検討する」と説明している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]