/

エア・ウォーター、野菜飲料会社を買収

産業用ガスのエア・ウォーターは14日、野菜飲料をつくるゴールドパック(東京・渋谷)を買収し、子会社にすると発表した。エア・ウォーターは子会社が野菜の卸売りや加工を手掛けており飲料の材料を供給するなどして相乗効果を高める。

エア・ウォーターが9月28日付で丸紅系のアイ・シグマ事業支援ファンドからゴールドパックの全株式を取得する。買収額は公表していない。

ゴールドパックは大手食品メーカーの委託を受けて野菜飲料や果実飲料を製造している。一方、エア・ウォーターは事業多角化の一環としてトマト栽培や物流事業を手掛け、今回の買収で野菜栽培から飲料製造、物流までの体制が整う。

ゴールドパックはジャスダックに上場していたが、アイ・シグマがTOB(株式公開買い付け)をかけ、2011年7月に上場を廃止した。12年1月期の売上高は396億円、純利益は9億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン