楽天、ネット通話アプリのバイバー買収 9億ドルで

2014/2/14付
保存
共有
印刷
その他

楽天は14日、ネット通話アプリを提供するバイバー・メディア(本社キプロス)を買収すると発表した。3月末までに9億ドル(約920億円)を投じて全株を取得する。楽天は同社の顧客基盤を活用し、電子商取引(EC)サービスとバイバーのサービスを組み合わせ新しい市場の開拓を目指す。

バイバーはスマートフォン(スマホ)の無料通話アプリ「バイバー」を手がける。登録ユーザー数は約2億8000万人。新興国を中心に利用者数を増やしている。月間利用者数は1億人を超え、世界有数のネット通話サービスになっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]