NTTデータ、米情報システム会社を買収へ 180億で

2010/6/14付
保存
共有
印刷
その他

NTTデータは14日、情報システム構築会社の米インテリグループ(ニュージャージー州)を買収すると発表した。TOB(株式公開買い付け)の実施で全株式取得を目指しており、完全買収すれば買収金額は約180億円となる。NTTデータは海外事業の拡大に向けてM&A(合併・買収)を積極展開しており、インテリグループを傘下に収めることで北米事業をてこ入れする。

TOBは今週内にも開始し、価格は1株あたり4.65ドルで、11日の終値に対して約28%のプレミアムを上乗せした。発行済み株式総数の50%超の応募があった場合に買い付けを実施する。インテリグループも賛同しており、友好的なTOBとなる。

インテリグループの2009年12月期の売上高は113億円で、純利益は約10億円。従業員数は約2100人で、インドに約1600人の要員を抱えるソフト開発拠点を持つ。企業の基幹情報システムの構築を手掛けており、大手電機メーカーや製薬会社などの有力顧客を持つ。

NTTデータの10年3月期の海外売上高は約700億円。欧州での売上高が約500億円なのに対し、米国は約150億円にとどまっていた。同社は13年3月期に海外売上高を3000億円に増やす中期計画を打ち出しており、米国事業の強化が課題になっていた。

同社は海外事業の拡大を狙ってM&Aを積極的に展開している。08年には独自動車大手BMWの情報システム子会社を350億円弱で買収している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]