世界の在庫を一元管理 日通が16年稼働、輸送中の貨物も把握

2012/9/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本通運は海外278カ所にある倉庫の在庫情報を一元管理するシステムを導入する。世界のどこでもリアルタイムで確認できるようにし、販売動向や生産計画の変化に合わせて製品や部品などを最適に出荷できる体制を構築。顧客の在庫削減を支援する。日本語のほか英語、中国語にも対応し、外資系企業を含むグローバル企業の需要を開拓する。

日通は現在、海外278カ所に合計約170万平方メートルの倉庫を運営している。現在は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]