/

この記事は会員限定です

経営・天候分析にも活用 富士通・日立も参入

[有料会員限定]

企業の経営分析や天候の予測など様々な場面でビッグデータの活用が広がっている。

富士通は顧客企業が蓄積している過去からの収益、製品原価、原燃料価格などの大量のデータを分析して将来の経営状況のシミュレーションなどに生かすコンサルティング事業を始めた。顧客が気づかずにため込んでいたビッグデータを経営にどう利用すればよいかを提案する。

交流サイト(SNS)などに消費者が書き込む「こんな商品がほしい」など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン