2018年10月16日(火)

EV普及へ最後のチャンス? “大盤振る舞い"でも課題山積

(1/2ページ)
2013/2/18 7:00
保存
共有
印刷
その他

官民が盛んに笛吹けど遅々として普及が進まぬ電気自動車(EV)。しびれを切らしたかのように、経済産業省は今年度の補正予算にEVの購入支援策や急速充電器などのインフラ整備に1000億円もの補助金をつけるなど躍起だ。こうした“大盤振る舞い"は奏功するのか。EVの普及には越えなければならない課題が山積している。

経産省は補正予算でEVなどの充電器の整備費として1005億円を盛り込んだ。さらにEVの購入補助として2013~15年度の間、EVの車両価格の目標を決め、これを下回れば同クラスのガソリン車との差額分全額を国が補助する制度も創設した。

「これが最後のチャンスかもしれない」。10年末に発売したEV「リーフ」の累計販売台数が5万台にとどまる日産自動車。16年度までに仏ルノーと合わせた販売目標150万台を掲げる日産にとっては一連の政府補助は“慈雨"のはずだが、スタッフの表情はさえない。手厚い補助を受けているからにはそれなりの「実績」を求められるからだ。

EVの短所として指摘されるのが、ガソリン車と比較して短い航続距離と、充電インフラの不足や充電時間の長さ、さらには割高の車体価格だ。

これらの欠点をカバーするために経産省は、充電スタンドを14年3月までに全国に約10万基整備する。そのうち、現在は全国で1400基しかない急速充電器を3万5700基普及させるとした。これまでは充電器本体への購入支援だったが、設置工事費も補助対象に含めた。さらに日産もリーフの価格を引き下げ、補助金を入れると最も安いタイプで250万円を切る価格にした。

販売店の店頭などでEVの印象を聞くと「地球温暖化のために大いに評価する」との声は多い。また日々の燃料代(電気自動車の場合は電気代)を含めて考えると初期購入費用に割高感があっても「1回の満タン充電がコーヒー代1杯分で済むことを説明すると『お得感はある』と理解してもらえるお客様は増えている」(日産)という。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報