2019年5月23日(木)

ソーシャルメディア利用、絶妙だったオバマ大統領  近藤正晃ジェームス・ツイッター日本法人代表

(1/2ページ)
2012/11/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

先週の米大統領選からは学ぶことが多かった。テレビや新聞で、勝利が決まった瞬間に、オバマ大統領がミシェル夫人と抱き合った写真のツイートを目にされた方も多いのではないだろうか。ソーシャルメディアがこれほどまでに活用された選挙は、いまだかつてなかっただろう。候補者も投票者もメディアも、そしてそれを見ていた米国外にいる多くの人々も、ソーシャルメディアを利用していた。

1997年にハーバード大学経営大学院を修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て2011年から現職。44歳。

1997年にハーバード大学経営大学院を修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て2011年から現職。44歳。

多くの企業がソーシャルメディアの上手な使い方に頭を悩ませるなか、オバマ大統領陣営のソーシャルメディアの利用はお手本のようだった。

ネバダ州の結果が出て勝利が決まった瞬間に出されたオバマ大統領のあの写真付きツイートは、瞬く間に世界中の多くの人々からリツイート(引用)された。歴史的な瞬間をとらえたタイミング、シンプルに「あと4年」とだけ書かれたメッセージ、夫人と抱き合って喜びをわかちあう写真。これら全ての要素が、大統領と支持者との距離を近づける上で絶妙な効果を発揮し、ソーシャルメディアの使い方として完璧だった。

あの写真付きツイートだけではない。選挙当日、オバマ大統領のツイッターアカウントからは60以上のツイートが投稿された。ちなみにロムニー候補のアカウントからは数ツイートしか出ていない。オバマ大統領はツイートを通して選挙が行われている州の投票者たちにメッセージを送り、支持を促している。

また、投票を終えた支持者からのツイートをリツイートしたり、親近感を持たせる写真をところどころにツイートするなど、好感度と投票率を上げるためにツイッターを効果的に使っていた。(参考・https://twitter.com/BarackObama/status/265913051839070208)

テレビや新聞にも大々的にキャンペーンを行う大統領選の候補者が、なぜソーシャルメディアも利用したのだろうか。それは有権者たちとの距離を近づけるためであろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

Smart Times (日経産業新聞)から

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報