/

この記事は会員限定です

三井物産、サケ養殖に参入 チリ大手と合弁設立

[有料会員限定]

三井物産はサケの養殖事業に参入する。チリの養殖大手と合弁会社を今春にも現地に設立。サケ類のなかでも成長が早く、すしネタや切り身に適した魚種をチリで生産する。中国などアジア新興国の消費量は増大傾向にあり、水産資源の調達力を強化し、新興国の顧客を開拓する。

チリ最大手級のサケ養殖会社であるマルチエキスポートと合弁会社を設立することで合意した。三井物産は30億円強を出資し、合弁会社株の30%を取得する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン