2019年5月26日(日)

村上龍氏がiPadで長編小説 映像・音楽付き「紙」に先行
坂本龍一氏とコラボ 1500円で

2010/7/14付
保存
共有
印刷
その他

作家の村上龍氏が米アップルの多機能情報端末「iPad(アイパッド)」向けに電子書籍の配信に乗り出す。文芸誌に連載した最新の長編小説「歌うクジラ」を電子化し、紙の本の出版に先駆け、近く1500円で発売する。物語のイメージを膨らませる映像や音楽も盛り込む。楽曲は音楽家の坂本龍一氏が新たに作曲した。

iPadで小説を配信する村上龍氏

村上氏は「作家として出版の未来の姿を示したい」として、出版社を介さずに直接配信する。有力作家が自ら配信することで電子化の流れに弾みがつく一方、出版社の事業戦略にも影響を与えそうだ。

「歌うクジラ」は22世紀を舞台にした冒険小説で、講談社が発行する「群像」に3月号まで連載した。村上氏の長編は2005年の「半島を出よ」以来となる。村上作品の電子化は携帯電話向けを含め、これが初めて。紙の本の「歌うクジラ」は講談社が出版するが、時期は未定という。

iPad向け配信は、アップルの承認が得られ次第、同社のソフト販売サービスを通じて始める。まずは開発資金を回収できる5千ダウンロードをめざす。電子書籍ソフトは村上氏がソフト会社と独自に開発した。収入の3割をアップルに手数料として払う。

アマゾン・ドット・コムの書籍端末「キンドル」やグーグルの基本ソフト「アンドロイド」に対応した端末向けの配信も検討する。

村上氏は「書籍ソフトの開発がさらに簡単になれば、作家は即座に作品をネットで販売できる。新作については出版社のコントロールが及びにくくなる」とみている。

(村上氏の関連インタビューを電子版「ビジネスリーダー」に掲載)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報