/

この記事は会員限定です

日航、航空機投資を再開 「787」30機投入

[有料会員限定]

経営再建中の日本航空は2012年4月から5年間で、航空機の新規導入などに約5000億円を投じる。破綻後に大幅縮小していた航空機の新規発注を再開する。燃費性能に優れる米ボーイングの最新鋭中型機「787」の導入を柱に旧型機と順次置き換える。5年間で500億円の運航コストを削減。今秋の株式再上場後をにらみ、収益力の強化につなげる。

日航の中期経営計画の骨子
5年間で設備投資5000億円
戦略機「787」10機を追加発注し45機に
サンディエゴ線、ヘルシンキ線を開設
運航コストの500億円追加削減
5年連続営業利益率10%以上
自己資本比率50%以上
2013年度に営業利益1400億円

投資計画は15日に発表する中期経営計画に盛り込む。「787」約30機のほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン