/

太平洋クラブグループ、マルハンが再建支援企業に

会社更生手続き中のゴルフ場運営会社、太平洋クラブ(東京・港、永沢徹管財人)グループは13日、パチンコホール最大手のマルハン(京都市)が再建支援企業に決まったと発表した。債権者への弁済額やゴルフ場の運営をまかなえる資金力などを評価した。

太平洋クラブグループが新たに発行する株式をマルハンが約270億円で引き受ける。この資金を元手に、太平洋クラブなどが会員から集めた預託金の10%を弁済する。設備投資額は3年間で17億円を計画する。太平洋クラブの従業員の雇用は維持する。

太平洋クラブは2012年7月に東京地裁に民事再生計画案を提出。当初は同業大手のアコーディア・ゴルフの支援で再建する方針だったが、債権者の反対多数で否決された。同年10月には同地裁から会社更生手続きの開始決定を受けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン