首相の公約「2050年、CO2を8割減」 実現のカギ握る埋め戻し
三井物産戦略研究所 研究フェロー本郷尚

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/2/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インフレ目標など景気対策を次々と打ち出した安倍晋三首相は、いよいよ長期的課題である成長政策に取り組む。原子力発電所事故後のエネルギーの安定供給は成長政策の要だが、気候変動問題への対応も忘れてはならない。エネルギーも気候変動問題も国内事情だけで決められる問題ではなく国際的な課題であり、国連交渉で表明した「温室効果ガスを2020年に1990年比25%削減」する目標の見直しに注目が集まっている。

50…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

日経産業新聞のお申し込みはこちら

関連キーワード

電子版トップ



[PR]