/

コーナン商事社長に疋田直太郎副社長 創業社長は引責退任

女性取締役による不透明な取引が発覚したホームセンター大手のコーナン商事は13日、疋田直太郎副社長(57)が同日付で社長に昇格したと発表した。創業者の疋田耕造社長(84)は責任をとって取締役相談役に退いた。直太郎氏は耕造氏の長男。女性取締役は同日付で退社した。

社内調査した第三者委員会によれば、女性取締役は疋田耕造氏と親密な関係にあり、商品の仕入れ先からリベートなどを受け取っていた可能性がある。また耕造氏から個人的に借りた資金で土地を購入し、それをコーナン商事に賃貸していた。

これらを踏まえて第三者委は耕造氏について「上場企業のトップとして法令順守意識が低い」と指摘していた。

疋田 直太郎氏(ひきた・なおたろう)79年(昭54年)芦屋大卒、コーナン商事入社。87年取締役、91年副社長。大阪府出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン