/

ミクシィ、朝倉社長1年で退任 後任に森田氏

交流サイト(SNS)大手のミクシィは13日、森田仁基執行役員(37)が6月24日付で社長に昇格すると発表した。昨年6月に就任した朝倉祐介社長(31)は在任1年で顧問に退く。朝倉氏は同日の記者会見で、スマートフォン(スマホ)向けゲームのヒットなどで「2014年3月期の業績が黒字転換する見通しとなり、再生に一定のメドが立った」と退任の理由を説明した。

ミクシィはSNS事業の苦戦で13年4~12月期に5億円の営業赤字となるなど、業績不振に陥っていた。コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン出身の朝倉氏は12年4月に同社の社長室長に就任。創業者の笠原健治氏の後を受けて社長に就いた。

同日、14年3月期の業績予想を修正。売上高は115億円と従来予想を35億円上積みし、営業損益は18億円改善し、2億円の黒字になる見通しだ。社長に昇格する森田氏は業績改善の要因となったスマホ向けゲーム「モンスターストライク」のほか、SNS事業の責任者も務める。

森田 仁基氏(もりた・ひろき)00年中央大総合政策学部卒、ネットビレッジ(現・fonfun)入社。08年ミクシィ入社。13年1月に執行役員。東京都出身。37歳

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン