2019年1月23日(水)
速報 > 人事 > 記事

ミクシィ、朝倉社長1年で退任 後任に森田氏

2014/2/13付
保存
共有
印刷
その他

交流サイト(SNS)大手のミクシィは13日、森田仁基執行役員(37)が6月24日付で社長に昇格すると発表した。昨年6月に就任した朝倉祐介社長(31)は在任1年で顧問に退く。朝倉氏は同日の記者会見で、スマートフォン(スマホ)向けゲームのヒットなどで「2014年3月期の業績が黒字転換する見通しとなり、再生に一定のメドが立った」と退任の理由を説明した。

ミクシィはSNS事業の苦戦で13年4~12月期に5億円の営業赤字となるなど、業績不振に陥っていた。コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン出身の朝倉氏は12年4月に同社の社長室長に就任。創業者の笠原健治氏の後を受けて社長に就いた。

同日、14年3月期の業績予想を修正。売上高は115億円と従来予想を35億円上積みし、営業損益は18億円改善し、2億円の黒字になる見通しだ。社長に昇格する森田氏は業績改善の要因となったスマホ向けゲーム「モンスターストライク」のほか、SNS事業の責任者も務める。

森田 仁基氏(もりた・ひろき)00年中央大総合政策学部卒、ネットビレッジ(現・fonfun)入社。08年ミクシィ入社。13年1月に執行役員。東京都出身。37歳

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報