2018年11月17日(土)

ポーラ・オルビス、静岡工場を閉鎖

2013/2/13付
保存
共有
印刷
その他

ポーラ・オルビスホールディングス(HD)は13日、研究・生産子会社のポーラ化成工業(東京・品川)の静岡工場(静岡市)を老朽化のため2014年に閉鎖すると発表した。グループの国内生産拠点を袋井工場(静岡県袋井市)1カ所に集約する。13年12月期の業績への影響は精査中としている。

1954年に操業した静岡工場では「ポーラ」や「オルビス」といった主力ブランドのメーキャップ化粧品を生産している。生産規模は年間3000万個。今後は生産機能の一部を、スキンケア化粧品を生産する袋井工場(年間生産規模7500万個)に集約。外部工場への生産委託も拡充する。

静岡工場の従業員336人は面談の上、袋井工場などへの配置転換を検討するが「全員の継続雇用は難しい」としている。ポーラ・オルビスでは、メーキャップ化粧品よりも利益率が高いスキンケア化粧品の割合を高めており、売上高に占める比率は現在約6割。自社の生産設備でもスキンケアに集中投資するなど、国内の化粧品市場が伸び悩む中、生産の合理化を急ぐ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報