/

三菱自が廉価版EV、夏に発売 「実質200万円以下」

車載電池の容量減らす

三菱自動車は13日、自社の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」で実質の購入費が200万円台を切るタイプを今夏にも国内で発売すると明らかにした。同車種の現行タイプは販売価格が398万円で、政府の購入補助金を引くと実質購入費は298万円。新タイプは現行タイプより車載電池の容量を減らすことで価格を約100万円抑える。

益子修社長が同日明らかにした。新タイプは現行アイ・ミーブと併売し、国内のEV普及を目指す。日産自動車のEV「リーフ」の実質購入費は最低約298万円。新タイプのアイ・ミーブは国内の乗用EVの量産車で最も低価格となる見通し。

新タイプに対する政府補助金は100万円超となるもよう。三菱自はこれを加味すれば、実質購入費は200万円を切るとみている。

新タイプは現行タイプよりも搭載するリチウムイオン電池の容量を減らし、仕様も変えることで低価格を実現した。電池容量の減少で走行可能距離は短くなる。現行タイプは1回の充電による走行距離が160キロメートルだが、新タイプは120キロメートル程度のもよう。三菱自は短距離走行が運転の中心の消費者向けに新タイプを売り込む。

三菱自は年内に商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」も国内発売する計画。補助金を加味した実質の購入費が約170万円からとなる価格設定をしている。このため乗用のアイミーブの実質購入費も早期に200万円以下とし、ミニキャブ・ミーブとの価格差を縮める方針を示していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン