ガンダム新作、父親世代を狙え ゲーム会社が協力

2011/6/13付
保存
共有
印刷
その他

「ガンダム」新作10月から放映。バンダイの上野社長は「ゲーム事業の起爆剤に」

「ガンダム」新作10月から放映。バンダイの上野社長は「ゲーム事業の起爆剤に」

バンダイナムコホールディングス傘下のサンライズは13日、ガンダムのテレビアニメ新シリーズ「機動戦士ガンダムAGE」を発表した。3世代にわたるストーリー設定と小学生にも親しみやすいキャラクターデザインで親子ファンを取り込む。玩具からゲームソフトまでグループ全体で一斉に関連商品を展開する。放送は10月からを予定。

新シリーズは異形の敵と戦いながら主人公が3世代にわたって変化していくのが特徴。「レイトン教授シリーズ」などで知られるゲーム開発のレベルファイブ(福岡市)がアニメのストーリー構成などで協力する。記者会見でレベルファイブの日野晃博社長は「ガンダムを見なくなった父親世代や一度も見たことがない子供など、新しいファンを育成したい」と語った。

バンダイナムコゲームスはレベルファイブの協力を受けガンダムシリーズで初めてロールプレイングゲームを発売する予定。バンダイは小学生向けに主人公が使う装置「ガンダム専用起動装置 エンジデバイス」や初心者向けプラモデルを発売する。プラモデルや玩具は無料ゲーム機「ゲイジングバトルベース」にかざして遊ぶこともできる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]