/

この記事は会員限定です

ソフトバンク系次世代PHS、ノキアなど海外5社出資

総投資額1000億円、11年度中にサービス開始

[有料会員限定]

欧州や中国の大手通信機器メーカー5社がソフトバンク系の次世代PHS会社に出資することが13日、明らかになった。次世代高速通信で先行する日本市場に安価な携帯電話インフラ機器を売り込み、実績づくりを急ぐ。国内の通信インフラは日本メーカーが高いシェアを握っている。海外メーカーの本格参入で競争原理が働けば、低い料金で高速大容量のデータ通信サービスが利用可能になりそうだ。

スウェーデンのエリクソン、フィン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン