/

東電の停電地域リスト、発表資料に誤り

自社サイトも不完全

東京電力は14日から始める計画停電(輪番停電)で、13日夜に配布した対象地域のリストに誤りがあったことを明らかにした。会見後に対象地域を追加した訂正版のリストを自社サイトに掲載。担当者は「サイトのリストを参考にして欲しい」としているが、サイトのリストの方にも停電の対象になっているのに載っていない地域がまだ1~2割あるという。

会見で配った当初のリストには東京23区のうち荒川区しか載っていなかったが、サイトのリストでは世田谷区や大田区の一部も追加された。会見のリストには県と市の名前が一致しないなどの間違いもあった。ただサイトのリストも完全ではなく、東電では正しいリストの公表にはまだ時間がかかるとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン