/

東電社長「非常用電源、津波で機能せず」 福島第1原発

東京電力の清水正孝社長は13日夜の記者会見で、大きな電力不足に直面していることについて「安定供給に向け、一日も早い復旧に取り組んでいく」と話した。

12日午後に建屋で爆発が起きた福島第1原子力発電所1号機については「地震による津波が非常用電源にかかり、機能しなくなった」と述べた。この爆発については「水素爆発と思われる」と指摘し、格納容器については「安全確保はできている」との認識を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン