/

この記事は会員限定です

「メディア自ら技術磨け」

NYタイムズ社外取締役に就いた伊藤穣一氏に聞く

[有料会員限定]

米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長を務める伊藤穣一氏がこのほど、米新聞社ニューヨーク・タイムズの社外取締役に就任した。インターネットの普及で紙からデジタルに舞台が移る中、持続可能なビジネスモデル、そしてジャーナリズムのかたちとは何か。世界最先端のメディア研究拠点の一つを率いる伊藤氏に聞いた。(聞き手はニューヨーク=小川義也)

プロの報道不可欠

――なぜ今、新聞社の取締役なのか。

「僕が支援するブロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン