/

東電、農業・漁業者への仮払いは5月末までに 原発事故で

東京電力は13日、政府の賠償支援決定を受け、福島第1原子力発電所事故によって出荷制限などを受けた農家や漁業者への仮払いを5月末までに開始すると発表した。同時に中小企業に対しても「当社として円滑な仮払いの実施に向けた仕組みについて早急に検討していく」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン