/

福島第1原発、2号機も圧力弁開放へ 東電発表

東京電力は13日、福島第1原子力発電所の第2号機について、原子炉内の圧力を下げるため圧力弁を開ける措置を講じることを決めたと発表した。これで地震によって停止した1~3号機のすべてで弁を開放することになる。弁を開けると、放射性物質を含む空気が大気中に一部放出される可能性がある。

2号機の弁をいつ開けるかは検討中という。2号機の状態は「(原子炉内の)水位は通常より低いものの安定している」としている。

3号機について、東電は13日午前8時41分に弁を開ける作業を完了。9時20分に圧力が下がったことが確認され、9時25分にはホウ酸を含んだ真水を消火ポンプで注入したという。午前11時ごろには原子炉内の燃料棒が約1.3メートルほど水から露出していたが、11時30分ごろには約2.1メートルほど水位が燃料棒の頂部を上回るようになったと説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン