/

この記事は会員限定です

収集・分別… 再利用に課題多い震災の廃材

[有料会員限定]

環境省によると、東日本大震災で発生したがれきは東北3県合計で2486万トン。倒壊した家屋などから出た廃木材などの利用は復興にも寄与する。ただ、がれきの収集・分別や埋め立てなど最終処理には膨大な費用と手間が必要。再利用には課題も多い。

がれきには鉄や化学製品などが混在している。これらを分別して木材を取り出すのは簡単ではない。分別しても津波をかぶり塩分を含んだ木材はそのままでは使えない。塩分がバイオマス発電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン