/

この記事は会員限定です

介護食、スーパーでも販売広げる 食品各社

[有料会員限定]

介護食を販売する食品メーカーが販路をドラッグストアからスーパーにも広げている。マルハニチロホールディングスは商品を扱うスーパーの店舗数を今年春の約200店から来春までに300店に増やす。明治も今秋から介護食をスーパーで本格販売する。味付けなどで一般的な食品に近い商品を増やしており、高齢者らの幅広い顧客を取り込む。

マルハはスーパーの店員向けに、介護食の基礎的な知識や顧客への勧め方をまとめた販促マ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません