デジタルハリウッドが東南アに専門学校

2012/7/12付
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=高橋徹】デジタルコンテンツ制作の人材育成を手掛けるデジタルハリウッド(東京・千代田、古賀鉄也社長)が東南アジアに進出する。8月下旬にタイのバンコクで専門学校を開校、インドネシアやマレーシアなどでも開校準備を進める。東南アでもスマートフォン(高機能携帯電話)が普及しており、コンテンツ制作者の需要が高まるとみている。

バンコク校ではウェブデザインや携帯端末のソフト開発、CG(コンピューターグラフィックス)の3分野で、3カ月~1年間のコースを設置。3年間で1千人の卒業生輩出を目標にしている。

同社は日本で専門学校や大学などを経営。海外では昨年、中国・上海の国立大学と組んで同大学内に映像制作を教える学部を開設している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]