ペットボトル用フィルムで中国進出 東洋紡、現地会社に出資 - 日本経済新聞
/

ペットボトル用フィルムで中国進出 東洋紡、現地会社に出資

東洋紡は12日、ペットボトル用フィルムで中国市場に参入すると発表した。韓国財閥のSKグループが中国に設立したフィルム会社に15%出資する。出資額は約8億5千万円。環境負荷の少ないポリエステル素材のフィルムを2013年5月から生産する。ペットボトル飲料の消費が伸びる中国市場の開拓を急ぐ。

SKC・ハイテク・プラスチックス(江蘇省)に出資する。同社は韓国SKグループが11年に設立。ペットボトル用フィルムの新工場の建設を進めていた。中国では塩化ビニール製のフィルムが主流だが、環境負荷の少ないポリエステル素材のフィルム需要が伸びるとみられている。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません