/

角川GHD、リクルート出版子会社を買収

角川グループホールディングス(角川GHD)は12日、リクルート子会社で出版事業を手がけるメディアファクトリー(MF、東京・渋谷)を80億円で買収すると発表した。MFは雑誌「ダ・ヴィンチ」や人気アニメ関連商品などを抱えている。角川GHDはこれを機に出版、映像配信などの複合的なコンテンツ戦略に弾みをつける。

角川GHDは今後、MFが扱う書籍やコミックの電子化を進め、自社の電子書籍配信サイトで販売する計画。中国の合弁会社を通じて「MFのコンテンツをアジアなど広げることも可能」(角川GHDの佐藤辰男社長)としている。

角川GHDはMFの買収でコンテンツの内容を充実。またMFが扱う「ポケットモンスター」の関連商品など角川GHDにとり手薄だった幼児・児童向けコンテンツやキャラクタービジネスにまで事業範囲を一気に広げる。

角川GHDは2004年、パソコン雑誌大手のアスキー(現アスキー・メディアワークス)とゲーム雑誌大手のエンターブレインを傘下に持つメディアリーヴスを買収。10年3月には携帯電話向け小説の専門会社を買収するなど若者向けコンテンツ事業を拡充してきた。その後も動画共有サイト「ニコニコ動画」を子会社で運営するドワンゴや、交流サイト(SNS)大手のグリーとの提携を通じ「多メディア戦略」を加速している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン