/

食品スーパー2社が経営統合 原信とフレッセイ

新潟県地盤の原信ナルスホールディングス(HD)と群馬県地盤のフレッセイホールディングス(前橋市)の食品スーパー2社は12日、10月1日付で経営統合すると発表した。合計の売上高は2千億円近くに達する。少子高齢化に伴う国内市場の縮小が見込まれるなか、経営基盤の拡大で勝ち残りを目指す。

フレッセイHD株1株に対し、原信ナルスHD株0.86株を割り当てる株式交換を実施。経営統合に伴い、原信ナルスHDは「アクシアルリテイリング」に社名を変更する。アクシアルリテイリングの社長には原信ナルスHDの原和彦社長、副社長にはフレッセイHDの植木威行社長が就任する。店舗網は新潟県、群馬県を中心に約120店体制となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン