/

この記事は会員限定です

失業者放置 ツケは誰が

働けない 若者の危機 第1部 鳴り響く警鐘(3)

[有料会員限定]

増える若い世代の失業者。放置すれば日本はしっぺ返しを食らう。

成田空港やその周辺のホテルで回収した廃食用油から環境に優しいバイオディーゼル燃料をつくり、空港への送迎バスで使う。循環型社会の構築を目指す「あぐり~ん」(千葉県芝山町)で燃料を精製し運ぶのが石井大介(29)と魚住亮輔(29)だ。

駆け込み寺閉鎖

2人は「若者自立塾」の卒業生。3カ月の集団合宿と職業体験を通じ、仕事や通学をしないニートの就職を支援する組織...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン