日韓半導体連合、米クアルコムに対抗
中核部品を安定調達

2011/9/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTドコモなど日本勢と韓国サムスン電子が通信制御半導体の共同開発に乗り出すのは、先行する米クアルコムへの対抗で思惑が一致したからだ。日本勢はクアルコム依存から脱し中核部品を安定調達する。サムスンはモバイル端末向けの主要部材の中で自ら生産できなかった部品の技術を確保し、一貫生産できる体制を整える。

モバイル端末の頭脳となる半導体は2種類ある。無線信号などを処理する通信制御半導体(ベースバンドチッ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]