/

住生活G会長、ベイスターズ買収の意向表明

準備室を設立

住生活グループの潮田洋一郎会長は12日、プロ野球の横浜ベイスターズ買収について記者団の取材に応じ、「球団を保有するための準備室を設立した」と述べ、球団買収の意向を表明した。球団の資産査定については「(買収を)中止することになる大きなものはない」と強調し、TBSグループ側との買収交渉が順調に進んでいることを明らかにした。

買収金額については明らかにしていないが、グループ共通ブランド「リクシル」の知名度を向上させるために、400億~500億円の広告宣伝費が必要になるとの試算を示し、「球団買収はよい話だと思う」と語った。球団買収の発表日については「決算発表の11月1日に、すべてがクリアになって発表できればよい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン