/

ソニーのネットサービスに大量不正アクセス

ソニーは12日、オンラインゲームや映像配信などのネットサービスに対し、違法に取得したアカウント名やパスワードを使って情報を盗み見る「なりすまし」による不正アクセスを受けたと発表した。最大で9万3000アカウントへのアクセスが試みられたが、実際に不正アクセスされた件数は「ごく一部」(広報)としている。不正アクセスに使われたパスワードなどの情報は「他社から流出した可能性がある」という。

米時間の10月7日から10日にかけて攻撃を受けた。不正アクセスが試みられたアカウントは一時停止しており、実際にアクセスされた顧客に対しては電子メールでパスワードなどの変更を呼びかけている。不正アクセスされた場合は名前、住所、生年月日などの個人情報を第三者に閲覧される恐れがある。クレジットカード情報が漏洩することはない。

対象となるのは「プレイステーションネットワーク」「ソニーエンタテインメントネットワーク」「ソニー・オンラインエンタテインメント」の3サービス。今春にはハッカーがソニー米子会社のシステムに不正侵入し、1億件超の個人情報が流出した。今回はソニーのサーバーに対する不正侵入ではなく、ソニーの社外で流出したアカウント名やパスワードが悪用されたとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン