ソーシャルメディア、まず情報収集から始めてみよう
近藤正晃ジェームス・ツイッター日本法人代表

(1/2ページ)
2012/12/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを使わない人の多くは、「共有するほどの情報がない」という方と「なんだか怖い」という方のいずれかのようだ。

1997年にハーバード大学経営大学院を修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て2011年から現職。44歳。

「共有するほどの情報がない」という方々に知っていただきたい数字が一つある。ツイッターを使っている人の実に4割が、自らはツイートをせず、他のユーザーのツイートを見るために活用している。

ツイッターでもフェイスブックでも、情報を共有することだけが利用の目的ではない。他の人たちの情報を得ることも大きな利用目的だ。実際、政治でもスポーツでも芸能情報でも、自分が興味を持っていることをつぶやく人をフォローしてみれば、その楽しさ、便利さを感じられる。

次に「なんだか怖いから」と考えている方に向けてお話しさせていただきたい。

まずは、何が怖いのかを具体的に思い浮かべていただけないだろうか。もしかしたら「よくわからないから怖い」方もいらっしゃると思う。大丈夫。ソーシャルメディアは現実の世界のルールやマナーがそのままインターネットに移動したものだ。

親切にしてもらったらお礼を言う、法律に違反することや、他人に意味もなく失礼なことを言ってはいけないなど、日常の人間関係のルールでしてはいけないことはソーシャルメディアでもしてはいけない。これさえ守れば、まず問題はないはず。

とりあえずは前述のように情報を得るところから始めることをおすすめする。他の人たちの使い方を見ているうちにコツがわかるはずだ。

不安だからソーシャルメディアを利用しないという方の中には「炎上したら怖いから」という人もいる。フォロワー数が多い著名人を別にして、大多数の普通のユーザーが炎上するとしたら、それは社会的に物議をかもすコメントをしているケースが多い。

例えば「今、酔っ払い運転してます」のような法的にも問題があるようなツイートなどは他の人たちから大きな反応を得る可能性がある。匿名・実名を問わずツイッターやフェイスブックの向こう側には普通の人間がいるのだから、普通の生活でしてはいけないことはソーシャルメディア上でもしてはいけない。

企業についても考えてみよう。「炎上が怖い」からアカウントを持たないと考えられている企業もいらっしゃると思う。確かに、ツイッターやフェイスブックを使うことで、「あの会社のカスタマーサービスは対応がひどい」など、企業に対する苦情が目につくようになるかもしれない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

Smart Times (日経産業新聞)から

電子版トップ



[PR]