消えるケーブルテレビ? 米国で進む「コード・カッティング」の実態

(1/2ページ)
2011/2/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

米国でケーブルテレビ(CATV)契約を解約する「コード・カッティング(コード切り)」の動きが注目を集めている。民間調査会社が消費者のCATV離れを示すデータを相次ぎ発表する中、CATV側はこうした動向を否定する。米国ではCATVを通じて自宅からインターネットに接続している人が多く、長年、電気やガス、電話などと並び「切るに切れない」支出の1つとみられてきた。安泰だった業界で何が起きているのか。

CATVを解約する「コード・カッティング」の動きが米消費者のあいだに広がっている=AP

CATVを解約する「コード・カッティング」の動きが米消費者のあいだに広がっている=AP

コード・カッティングは起きているのか、いないのか――。この論争に火をつけたのが、米調査会社SNLケーガンが発表した調査だ。同調査によると、昨年4~6月期にCATVや衛星放送などの有料テレビ契約者が、1980年代の調査開始以来、初めて減少に転じたというのだ。7~9月期も契約者流失が続き、両期合わせて推計33万人がコード切りに踏み切った。

別の調査会社、米ストラテジー・アナリティクスは、2011年に米有料テレビ契約者の13%が解約する可能性があると予測。同社のディレクター、ベン・パイパー氏は「現在、コード切りは消費者の一部の行動にみえるかもしれないが、今後ますます拡大する」と警告した。

こうした「コード・カッティング存在論」への反論を発表したのが、米ウォルト・ディズニー傘下のCATV向けスポーツ専門局ESPNだ。米ニールセンのデータを基に独自算出した数値によると、3カ月間でケーブル切りをしたのは全米総世帯のたった0.11%で「極めてささいな現象」と結論付けた。

だが、実際にCATV企業はテレビ契約者の流出に直面している。米CATV大手タイム・ワーナー・ケーブルのテレビ契約者数は昨年10~12月期に前期比14万1000人減少した。こうしたコード切り現象の「主犯」として名指しされているのが、米DVDレンタル最大手「ネットフリックス」と「不況」だ。

ネットフリックスは、会員がネットで注文したDVDを自宅に届ける郵送レンタル方式で利用者を急拡大させ、店頭型の事業モデルを時代遅れにした米レンタル業界の革命児。会員数は約2000万人。ネットフリックス人気がコード切りを招くといわれる理由は、同社が映画やテレビ番組のネット配信に力を入れ、CATVの代用品として機能し始めているからだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連記事

日経産業新聞のお申し込みはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]