2019年9月18日(水)

広がるオンデマンド印刷革命 ポスターもシールも

(1/2ページ)
2013/12/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

印刷業界では近年、高画質で大量印刷できるオフセット印刷機だけでなく、様々な図柄を少量ずつ印刷できるデジタル機の注目度が高まっている。インターネットの普及や、企業が広告やチラシを特定の層に少量ずつ配る手法をとるようになったためだ。印刷機器メーカーも印刷業界のニーズに合わせて新製品を開発し、性能・機能を競っている。

■オフセット機に近い高画質

小森コーポレーションなどが開発したデジタル印刷機で、オフセット機に近い高画質を実現した

小森コーポレーションなどが開発したデジタル印刷機で、オフセット機に近い高画質を実現した

小森コーポレーションはコニカミノルタと「インプレミアIS29」を共同開発し、来年度中に発売する予定だ。多品種少量印刷向けの機種で、インクジェットデジタル方式を採用しオフセット機に近い高画質を実現した。デジタル機はA3判の用紙対応が主流となるなか、一回り大きなB2用紙に対応。小森コーポレーションは「大型ポスターやカレンダー向けの新たな需要を掘り起こしたい」と期待する。

通常のオフセット印刷用紙がそのまま使用できるほか、自動で両面印刷に切り替えることもできるようにした。独自のインクを採用しており、紫外線を当てると速く乾くのも特徴だ。

ミヤコシなどが開発したデジタル印刷機で、ラベルやシール向けに小回りの利く機種

ミヤコシなどが開発したデジタル印刷機で、ラベルやシール向けに小回りの利く機種

デジタル機が主力のミヤコシ(千葉県習志野市)もコニカミノルタと共同で「MKD13A-1000」を開発し、1年以内に発売する。ラベルやシールなどの極少量向け。レーザー加工機を取り付ければ、ラベルやシールなどを作製する際に必要な裁断工程までできる。

印刷の速度は高速デジタル機の10分の1程度の毎分9~18メートルで、小回りの利く機種。印刷速度を上げるモーターを小型化したり、コニカミノルタが開発したトナー式汎用プリンターを搭載したりした。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。