/

この記事は会員限定です

イーアクセス株、サムスンなどに売却 ソフトバンク

11社に67%、月内に

[有料会員限定]

ソフトバンクは1日に完全子会社化したイー・アクセスの議決権株の約67%を月内に売却する方針を固めた。韓国サムスン電子など海外の通信機メーカー5社、オリックスなど国内リース6社と最終調整に入った。海外の有力な基地局メーカーなどとの提携で、通信網整備を円滑に進める。同時に総務省の電波割り当て指針に基づきイー・アクセスの独立性を維持する狙いもある。

ソフトバンクは買収を決めた米携帯電話3位のスプリント・ネクステルや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン