/

この記事は会員限定です

家庭から産業革命 3次元造形が迫る転換

ネット 人類 未来 第1部 巨大データの光と影(4)

[有料会員限定]

慶応義塾大准教授の田中浩也(37)は自宅に小さな「工場」を持つ。インクジェットで樹脂を塗り重ね、立体物をつくる3次元(3D)プリンター。パソコンから設計図面を送れば、普通のプリンターと同じ感覚で「印刷」開始だ。

カバー毎日印刷

「欲しいものは自分で作ればいい」。田中はメーカーに問い合わせても入手できない洗濯機の部品を1時間で複製した。妻は好みのデザインで洋服のボタンを作る。

3次元データを無償公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン