/

この記事は会員限定です

データ通信量、1年で2倍超 スマホ基地局増設

[有料会員限定]

通信各社が無線通信向けの設備投資を急ぐのは、スマホの急速な普及でデータ通信量が爆発的に増えているためだ。総務省の調査では今年3月の移動通信トラフィック(情報量)は前年同月比2.2倍に急増している。

今年1月にドコモなどで通信障害が相次いだ主因は、データ通信量の増大でインフラに負荷がかかったことにある。各社は当面の障害対策にメドをつけたが、抜本的な解決には通信インフラの増強が不可欠だ。

NTTドコモ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン